シニアの味方 転倒予防、膝痛予防に機能改善体操がおすすめ!

新年明けましておめでとうございます。

栃木県で、毎日の健康のために心身のリラクゼーションと動ける体づくりをお伝えしているCOCOCOLOR佐藤崇子です。

転倒予防教室で変化あり!
昨年はお客様から「膝が痛くて歩きにくくなった」という相談が増えました。
コロナウィルス感染予防のために活動自粛をしたことで、運動不足となり筋力低下、肥満、姿勢が崩れるなどの悪循環に陥り、膝痛につながったとも考えられます。
そんな方や周りに膝痛で悩む方がいる人に聞いて欲しいお話です。

私は栃木県内某市の介護予防事業転倒予防教室で運動指導を担当しています。
この教室でご指導するのが、小さなボールを活用し膝・股関節痛に改善効果のある体操です。
これはいきいき・のびのび健康づくり協会のボディキネシス®(機能改善体操)です。

2021年4月の時点で下記の問診で5項目中3項目が該当する方を対象に希望者を募り、
10月から教室がスタートしました。

【介護予防事業把握事業による基本チェックリストの中の運動の5項目】
□ 階段を手すりや壁をつたわらずに昇っていますか
□ 椅子に座った状態から何もつかまらずに立ち上がっていますか
□ 15分位続けて歩いていますか
□ この1年間に転んだことはありますか
□ 転倒に対する不安は大きいですか

全6回(コロナウィルス感染拡大の影響で8回の予定が6回に縮小)開催され、12名が参加されました。

さらに教室の初回と最終回には
・指輪っかテスト
・30秒立ち上がりテスト
・握力テスト
の3種目の測定を実施。
そのうちの30秒立ち上がりテストで顕著な変化が見られました。

12名中9名は回数が増え、最大で13回から28回に増えた方もいます。

基本チェックリストも3項目該当の参加者12名中8名が、2項目以下のチェックへと改善が見られました。

参加者からも
・歩くと壁や人にぶつかっていたのだけど、体に芯ができた感じでまっすぐ歩けるようになった
・階段の手すりを使わなくなった
・雨戸の開閉が苦にならなくなった
などの感想があがりました。

「介護保険料削減に大きな効果」
問診や立ち上がりテストの変化に教室担当の保健師さんも
「今回の結果は介護保険料削減につながる。これからもっと拡大して取り組むべき事業」
と評価をしてくれました。

 

シニアの味方 ボディキネシス®(機能改善体操)
先ほどの教室でも指導している膝痛予防につながる機能改善体操を
コロナ禍で膝痛の相談を受けた方々にもお伝えしたいと思い、
今回セミナーづくりにチャレンジました!

セミナータイトルは
那須の暮らしを満喫するために
シニア女性のためのひざ楽体操
~いつまでも自分の足で人生を歩こう!~

興味を持ってくださった方はいるでしょうか?!
2022年には実際にセミナー開催しようと企画中です!

開催決定しましたら、再度ご案内致します。
ピピッときた方ご参加お待ちしています💛

塵も積もれば山となる!

参加した感想を、一言で言えば・・🤔
  『体って、おもしろい!』

COCOCOLOR佐藤です😊
皆さん、体動かしてますか?!

ココカラオンラインレッスンを8月からご利用頂いている
Tさんに1ヶ月参加してみての感想を伺いました。
すると…

参加した感想を、一言で言えば・・🤔
『体って、おもしろい!』
上手く言葉にできませんが、、、自分の体が、日々どんなふうに使われてるのか感じる事! 知ること!ができて良かったです。
体は正直ですね!そこに、少しずつ気づけてきたように思います。
今までは、気づいてるフリをしてただけなんだなぁと感じます。

こんな感想を頂きました✨
ありがとうございます🙇

自称【快適日常動作研究家】の私としては                       オンラインでも私のお伝えしたいことが届いているのかなぁと                 とても嬉しい言葉でした。                              これからも日常動作に目を向け                             目の前のお客様の生活がより良くなるお手伝いをしていきたいと思います。

そしてこのココカラオンラインレッスン
9月で一周年を迎えます

まさに塵も積もれば山となる!です。

今、こうしてブログを書いているわけですが、                       ブログは年に数回というペースでして。(誰も読んでくださる訳がない)         気持ちを文字にするのは私にとってとてもハードルが高い。                           なので何かを発信するのは専ら公式ラインを活用するくらいになってしまいました。    宣伝もしてないのですから広まるわけもなく。                     やってる意味あるの?!なんて凹むことも多々ありました。

それでもずっと繋がり、続けてくださる方が居る。                   その繋がりと支えてくれる仲間に感謝して                       これからも細々とではありますが、地道に続けて参ります。

栃木も緊急事態宣言中につき活動自粛が続きますが
そんな時はお家でフィットネス!

体って、おもしろい!をお伝えしていきます!!

ジョージはギバー

最近、おさるのジョージにハマっています😊

今年で80周年とのことですが、キャラクターやどんなお話なのか
最近まで知りませんでした。

「おさるのジョージ」はアメリカの絵本作家レイ夫妻に
よって1941年に刊行された絵本「Curious George」に
登場するキャラクターとして生み出されたそうです。

先日そのアニメを観たんです。
「アリー?あたらない!」というお話。

あらすじは
バザーの催しで「アヒルの的あて」にチャレンジしたお友達のアリー。
でも結果は惨敗で。
アリーのためにジョージが練習道具を作ってあげたり
一生懸命励まし
最後まで応援し続け、最後は…

ジョージは
好奇心旺盛で
素直で
優しくて
とても愛おしい
おさるなのです。

そのお話の中でジョージは
アリーの喜ぶ顔が見たいから
ただそのためだけに
力を貸して応援する
何の見返りも期待していないのです。
何度も諦めそうになるアリーを
優しいお節介で励まし続けます。

アニメを見ていてジョージはまさに
ギバー
だと感じました。

ギバーとは
アダム・グラント著「GIVE&TAKE」
という本で学びました。
人は3つのタイプに分かれるといいます。
ギバー:人に惜しみなく与える人
テイカー:真っ先に自分の利益を優先せせる人
マッチャー:損得のバランスを考える人

本に出会ってから私も
ギバーでありたいと思って過ごしていますが
こんな身近にお手本がいることにうれしくなった週末でした。

【自分はどんな人になりたいか】
その答えを見出せた一冊
「GIVE&TAKE」

ギバーのようなジョージに会える
「おさるのジョージ」

おすすめです!

ちゃんとやらない

先日子供向け番組の中でのセリフにドキッとしました。

 

「失敗は頑張るやる気になる経験だ」

(経験がきっかけだったかも・・・)

 

なんだか腑に落ちてメモってしまいました。

 

私はずっと、失敗しちゃいけないと思っていました。

セミナー講師としてデビューしたばかりの8年前、緊張でアタフタしている私へ先輩講師が「どんなセミナーにしたいの?」と尋ねました。

私は「ちゃんとやりたいです!」

と答えました。

ちゃんとやりたい = 失敗したくない

そんな風に思ってました。

 

でも、先輩からのアドバイスは「ちゃんとやろうとしなくていいんだよ。」

でした。

もちろんふざけてやれと言うことではありません。

 

セミナーはライブであり、参加者も毎回違いいろんな事が起こります。

それなのに一語一句間違えないようにとか、段取りどおりに進行する事ばかりに意識が向いていては、肝心の参加者は置いてけぼりです。

これでは本末転倒です。

目の前の方に伝わり満足してもらうことそのことに集中していれば、

きっとちゃんとやりたいという目標にはならなかったかも。

 

経験が少ない時はスケジュールどおりに進行できるようにすることも重要です。

でもそのために目の前の方々を置いてけぼりにしたり自分がテンパっていてはもったいないですね。

 

結果として失敗と感じる事があっても、「失敗は頑張るやる気になる経験だ」と考えまた努力する。その繰り返しなのだと思います。

 

今でも毎回セミナー前には

「どんなセミナーにしたい?」

と自分に問いかけます。

そして

「ちゃんとやらない」と唱えています。

 

 

いつも「これでいいですか?」「これで合っていますか?」と質問してました。

一つの答えを探す社会で生きてきたせいかも知れません。

でも、フリーランスになってみると、誰かに「合ってますよ。」と言ってもらえることはほとんどありません。

失敗の中から自分なりの答えを見つける日々。

フリーランスは大変だけど、楽しい。

 

9年と13年をどう生きる?

9年13年
この年数は何を現していると思いますか?!






 

答えは平均介護期間です。
男性が9年、女性が13年

コロナ禍でシニア世代の身体活動量が減少している今、この期間は更に伸びてしまうのではないでしょうか?

指導者の私達にできること…
それは「自立と自律」
「いつまでも動ける体づくり」
「自分の面等は自分で見続けるという意思」

育む健康教育をすること

私達がおすすめするのは、【機能改善体操】です。
体操を通して、身体的、精神的、社会的にアプローチすることで、自分の体に気づき楽にスムースな動きを取り戻すことができます。

「先生の体操は簡単で特別なことはしないのに、体が軽く動きやすくなる。だからまたやろうと思う。」
「始めてから1年くらいはどんな効果があるのだろうと半信半疑でした。でも3年続けてきて、始める前より体の不調を感じなくなっていることに気づきました。そしてちょっとくらいの違和感は自分でケア出来るようになったと思います。」
体操の参加者様はこんな風に言ってくれます。

是非皆さんも機能改善体操を体験してください!
そして私達と一緒に「自立と自律」のための方法を習得してください。

あなたの成長で
大切なあの人を笑顔にしませんか!!

ピン!ときた方、お待ちしています🤗

機能改善体操の入門セミナー
「3軽エクササイズセミナー」をオンラインで開催します。
5月23日(日)
①腰編 10:00~11:30
②肩編 12:30~14:00
③膝・股関節編 14:20~16:50

講師
①腰編 佐藤崇子
②肩編 林部美代子
③膝・股関節編 綿谷千鶴
(いきいき・のびのび健康づくり協会認定講師)

料金
1講座4,400円(税込)

詳細はサイトをご確認ください。
ご質問があればいつでもご連絡ください🤗

https://ssl.form-mailer.jp/fms/df3dcf29698622